記事一覧

湿気MAX!

9月1日、甲申月庚辰日。
このところの台湾は、一週間以上、雨が続いています。
雨降りの日が続くと、秋がやってくるのだといいます。
そして、秋の季節は一ヶ月位しか無いのだとか。だから台湾には、長い夏と冬があるのです。冬でも、平地は0℃以下にはならないのですからやはり南国です。

最近、背中がゾーッとしてしょうがないし、ザワザワするし、亡くなった方が夢にたくさん出てくるし。
鬼月だからかな?と思ってみましたが、理由が分からない。熱い高山烏龍茶を飲んで、大汗をかいて、多少はいい気がしました。
暑いのか寒いのか分からない天気で、雨だけが、毎日シトシト降り続く。

友人が、湿度が高いからエアコンのドライを入れなきゃいけないと、言ってくれたので、入れてみたら、
背中のザワザワ感がスッキリと消えて楽になりました!
湿度が高すぎたんですね~!!
理由が分かりました。
涼しくなり湿度だけがMAX高いと、陰の気が満載です。光と乾燥は大事ですね。
西南向きの日当たりが良いマンションでも、台湾は海に囲まれていて、元々湿度が高いから、雨が続くとこうなってしまうんですね。
おまけに洗濯物を干したから湿度が100%に近くなったんでしょう(笑)

本当に、湿度と温度の管理は大事です。
師大の先生が、留学生がグッタリしてるのを見て、「外国人は台湾の気候が苦手です」と言っていたのが思い出されます。特にヨーロッパの人が弱ってました。
皆さんも、秋の長雨にはご注意を!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ