記事一覧

元宵節を祝う


元宵節快樂!

元宵節(ユエン シャオ ジェ;げんしょうせつ)とは、旧正月の満月の日、旧暦の一月十五日(小正月)を祝う中華圏での習慣です。


正月は元月とも呼び、元月の最初の宵(よい)であることから、元宵節と呼ばれます。


旧正月の行事は、元宵節を迎えてすべて終了します。






元宵節の由来は、前漢にまでさかのぼることができます。


漢代の権力を握った呂后が崩御すると呂氏の乱が発生し、それを平定した陳平等によって劉恒が皇帝に推戴されます。


反乱を平定した日が正月十五日であったことことから、元宵節とします。


毎年この日は皇帝は宮殿を出て民衆と共に祝賀したといいます。




20230205c_convert_20230206143902.jpg



また、道教では、三元神(上元天官、中元地官、下元水官)を、旧暦1月15日、7月15日、10月15日の日に割り当て、それぞれ上元節、中元節、下元節として祭祀を行います。


そのため、元宵節は上元節とも呼びます。


天官を祭祀する際に、提灯や灯篭を飾り、華やかな雰囲気で吉祥を呈し邪気を祓いました。🏮 Wikipediaより




今日も、台湾では各地で色とりどりの美しいランタンを作り、ランタンフェスティバルが行われます。


また、平渓などでは、無数の天燈を夜空に上げて、この日を祝います。


夜に明々と輝くランタンは、とても幻想的な光景です。



20230205b_convert_20230206143735.jpg



さて、満月に見立てて、元宵を作りました。


もち米粉+片栗粉をこねて、スリ胡麻を蜂蜜でまとめて餡にして、茹でると半透明になり、わらび餅みたくプルプルに。



のんびりと露天温泉に入りながら、夜空を見上げると、満月が見えました。🌕


杵をつくウサギの模様がはっきりと見えて、とても、ゆったりした気持ちになりました。


夜は、これまでの丸2年に及ぶ死闘、『命証合診』の執筆の疲れがドッと出てきて、爆睡しました~😊


編集者に上手に整理してもらえるといいな~期待!!!😀



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
鮑黎明先生から八字・紫微斗数・卜卦・風水・相術を習得。1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院にて先天体質と病気について研究する。2013年~2016年台湾に留学。張玉正先生から風水と紫微斗数を習得。現在は、書籍・鑑定・雑誌・webサイト・TVなどマスコミで幅広く活躍中。

主な著書:『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)。
共著:『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)。翻訳書:張玉正 著『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)。ベストセラー多数。著作70冊以上、累計発行部数300万部。

鑑定・書籍のご依頼は、林秀靜のwebサイト(一番下の欄)よりお申し込みください。

https://www.lin-sunlight-fengshui.com/

月別アーカイブ

カテゴリ