記事一覧

8月7日 立秋

8月7日 戊申月壬辰日。

二十四節気の「立秋」。暦の上では、秋の到来です。

待ちに待った立秋。

7月の日本は酷暑で、40℃を超える所もありました。

近所は38℃にまで気温が上昇し、戸外では実際はもっと気温が高かったと思います。

ローズガーデンのバラたちは盛んに咲いてくれていますが、日中は暑すぎて、さすがに元気がありません。



202207243.jpg



個人的には、去年の6~7月は毎週ローズガーデンへ写真を撮りに行っていたし、ブルーベリー園では猿のように実を摘みました。結局、去年はブルーベリーの実をトータルで10㎏くらい摘んでいました。💦


今年と言えば、昨年1月から開始している原稿書きと調べものに追い込まれ、本をたくさん読んで、人生最大の学習シーンとなりました。やりつくした感がありますが、これまで左脳を使う習慣が無かったんだなーとも思いました。( ´艸`)



7月は、安倍さんが凶弾に倒れ、参議院議員選挙、宗教団体との癒着と暴露、連日の猛暑、コロナの大流行…。

暴力、搾取、弱肉強食、いじめ、曝露、炎上、牽制、威嚇等々、色々なことが明らかになり、また燃え尽きましたね。

さすがの丁未月でした。(;'∀')




※これは、7月のローズガーデンでの写真。この日はもう暑すぎて人影はありませんでした。


さて、今日からは晴れて、戊申月です。

これから下半期、陰の気のサイクルに入っていきます。

世界の情勢、経済、政治など、すべての面で、局面は一転するでしょう。


心靜かに、物事の推移を眺めていたいと思います。


まずは気温の低めの日には、休息をしっかりと取りましょうね。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
鮑黎明先生に八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。その後、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。2013年より、3年間台湾に留学。張玉正先生に、風水と紫微斗数を学ぶ。帰国後は専門書の翻訳と執筆をする。

主な著書:『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)。
共著:『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)。
翻訳書:張玉正 著『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)。
ベストセラー多数。著作70冊以上、累計発行部数300万部。

仕事の依頼・お問合せ等は、林秀靜のwebサイトまでお願いします。

https://www.lin-sunlight-fengshui.com/

カテゴリ