記事一覧

6月6日「芒種」 丙午月 運気の乗り方

今日は、6月6日、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」です。

稲などの禾(のぎ)のある植物の種を播く頃という意味。

昔の中国では、この季節に種を播いていたんです。冷害にあわないためですね。


暦の上では、今日からいよいよ夏の季節の到来!

丙午月に入りました!

それから、日本の関東地方では、今日、「梅雨」入りしたそうです。

今日は雨。

気温は15~21℃。湿度が高く、そのため、身体はだるくて、眠いです。

台湾に居た頃、ヨーロッパから来た留学生らが、台湾の湿気でのびていたのを思い出しました。

日本もモンスーン気候で、「梅雨」がありますから、湿気対策を。



202206061a.jpg



さて、私のブログを読んで、楽しみにしている方がいると耳にしました。

今日から、本格的に始まる丙午月のことを、少しお話ししましょう。


丙午は、六十干支中、最も、火気が強い干支(かんし)です。

日本でも昔から、丙午年は火事が多いとか言われましたが、やはり五行が偏ると極端に吉凶が表れやすいです。

大吉となるのか?それとも、大凶となるのか?

その人の先天的な五行バランス次第ということになります。

生まれつき、足りない五行が巡れば、五行は周流し、健康と幸せと富と名声を満喫できます。v(o゚∀゚o)v

生まれつき、多すぎる五行が巡れば、五行相剋の現象が出やすくなります。(ノ_<)



20220529t.jpg


平たく言うと、紫微斗数で見ても、八字的に見ても、

6月、丙午月は、火の洗礼!!!🔥

12月、壬子月は、水の洗礼!!!💦

を、誰もが受けるということになります。

ワーッ!ワクワクしますね!ヽ(≧∀≦)ノ

こんなこと思うの私だけでしょうか?\(//∇//)\


みなさんも、四柱で、自分の日干が何か確認してみてくださいね。


では、ここで運気の乗り方をお教えしましょう~!


〇凶運の時→家に籠り、行動を起こさず、超低空飛行、毎日を地味にやり過ごす。ストレスをかけない。掃除・断食・瞑想は有効。じたばたしない。止まない雨はない。果報は寝て待て!

〇吉運の時→新しく何かを始める、やってみたいことをしてみる、人に会ってみる。具体的に始まっていなくても、未来に拡がるイメージを思い浮かべる!目標を書きだす。


人生には、やっぱり運の良い時と悪い時があります。
だから、失敗したからと言って、くよくよしないことが大事です。

丙午月を迎えるにあたって、その心構えを書いてみました。

もちろん、方位を取るとか、ラッキーな色を身に付けるとか、漢方を飲むとか、開運食とか、お花を飾るとか、風水を調整するとか、具体的にあります。これらは日々の積み重ねの開運法です。


運の波にさらわれていると感じる方は、上記を参考にしてくださいね。

波の高いときは、海に船を出したり、泳ぎに行くのはいけません。波がおさまるのを待ちましょう。

天気に合わせて、ね!(^∇^)💖




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ