記事一覧

2022年の運勢&激動の2月

2月4日「立春」とともに、新しい一年が始まりました。

新年快樂!情人節快樂💖 まとめて言っちゃいます!( ´艸`)

2月は激動の月です。

2022年2月4日からの1ヶ月間は、とても興味深い時だといえます。

干支暦で見ると2022年は壬寅(みずのえとら)年。
そして、新暦2月は壬寅月、つまり今年の2月は壬寅年壬寅月を迎え、年月で干支(かんし)が重なる時です。
そのため、天干地支の作用も二倍に重なります。
つまり、この2月は2022年を象徴する月だと言えます。

その前月の1月が2021年を象徴する辛丑月だったため、どちらの月もそれぞれに1年を象徴する月になります。


ですから、この時の変化に注目して下さい。

言い換えると、2021年は土気と金気が強い一年。2022年は一転して木気と水気が強い一年となります。
そのため、新暦2月4日~3月4日の期間は、吉凶が大きく変化する時です。


2022shi.jpg


さて、紫微斗数で見てみると、

2022年の流年四化星は、天梁星化禄、紫微星化権、左輔星化科、武曲星化忌。

天梁星に化禄がつきます。
天梁星は、蔭星(陰徳の星)です。困難にあってようやく吉祥を呈する星です。だから先に困難に遭うことで、この福星はようやくその効果を発揮します。天梁星の福徳は、往々にして一年のうち後半の半年になってだんだんと現れてくるでしょう。

紫微星に化権がつきます。
紫微星に化権が付くので、皇帝の権力、決断力、リーダーシップは増加します。
したがって、業種によっては、その恩恵を受ける人もいます。

左輔星は科名の星です。左輔星に化科がつくので、社会的な評価や名誉はより一層増加します。

武曲星は財星です。化忌が付くと、お金の面で不利になります。
つまり、金融・経済面ではよくない状況が発生しやすいといえます。株式市場にもまた不利な影響があります。w(゚o゚)w

特に壬寅月2月1日~3月2日は、変化が開始する時です。

皆さん、気をつけて、観察していてくださいね!


紫微斗数で自分の運気を占いたい方は、こちらの拙著をお勧めします!↓

【秘訣】紫微斗数1 命盤を読み解く
Amazonはこちらから

【秘訣】紫微斗数2 格局と開運法
Amazonはこちらから

2022jo.jpg



最近の私めはというと、昨年は人生始まって以来~の大変な年でした。

四年連続で運が悪い年ってどういうこと?。゚(゚´Д`゚)゚。

しかたなく、沢山の資料や本を読んで、原稿を書きました。💦

特に今年の1月は過酷な状況でしたが、んー、これもお役目と思いこなして。

2月からやっと休暇にありつきました。

今は、制裁の金気が去り、もう何もしたくない~一生仕事をしたくない気持ちでいっぱいです。(*´v`)

でも、気が付くと、もうすでに運命の2月も半ばになっていたので、皆さんに知らせなくては!
と思い、ブログを書いた次第です!

これからの1,2ヶ月の変化に、ビックリしないでね。

対策は万全に。平常心。💚






 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ