記事一覧

洛神花

今日は11月26日。乙亥月辛丑日(農暦10月5日)最近の台湾は暑いですー。26~30℃あり、クーラー入れてます。
先日、スーパーで見つけた生の洛神花(らくじんか:ルオシェンファ)
洛神花は、西アフリカ原産のローゼルというアオイ科フヨウ属の植物。ハイビスカスの一種です。早速、1ケース買って帰りました。

生のまま食べられるのかと思って齧ってみると、すごく酸っぱくて食べられないことを悟り…。

鍋に水と一緒に入れて煮てみる。

花びらが溶けると真っ赤な色素!
トロトロのとろみが出てきて、真ん中にある種だけが溶けずに残りました。

ザラメの砂糖を加えて、かなり濃厚な洛神花のシロップの出来上がり~!

氷を入れて、冰洛神茶(アイスハイビスカスティー)完成!生の花から作ると、甘酸っぱくてフレッシュ!とっても美味しいです~!あまりの美味しさに大量に飲んでしまいました…。
でも身体はサッパリして、気分が良くなりました。なぜかというと、

洛神花には「清熱解毒」の効果があるんです。身体の余剰の熱を取り除いてくれるので、気分スッキリ。しかもビタミンCも豊富。色はルビー色でとっても綺麗です!

普通は、乾燥させた花をお湯で煮出して、氷砂糖を入れてお茶を作ります。
私はこの花が大好きで、台湾に来ると迪化街に行き沢山買って日本に持ち帰り、夏に暑気よけとして冷やして飲みます。

熱帯地方に生えるので、思いがけず、エジプトのお土産で貰ったことがあり、嬉しかったです~。
今日では、ハイビスカスティーとして、乾燥させたものが世界中で飲まれていますね。
でもね、本当に生のお花は飛び切り美味しかったです。^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ