記事一覧

今日は大雪

12月7日 庚子月己丑日

今日は、二十四節気の第21番目。

大雪(たいせつ)です。

太陽黄経が255度のとき。



24sekki-wiki.gif



暦の上では、”雪が激しく降り始める頃”とされています。


二十四節気が作られた中国と日本では気候が違います。


東京はまだ零下になっていません。


落ち葉のガーデンでは、スミレが咲いています。







バラも、とても美しく咲いています。


クリスマスが楽しみです💕



さて、今月は、庚子月で、五行的には、金気と水気がとても強い一ヶ月です。



202111a.jpg


年回りも、辛丑年と、土気と金気が強いのもあいまって、


太陽が最も低い位置になる、「冬至」に向かって、陰の気が集中します。


となると、

陰の気を喜ぶ人=「陽気だけど興奮しやすい人・暑がりの人」は、僥倖に恵まれる時です!💖

アイデアが湧いたり、コミュニケーションがうまく行ったり、収穫のある時です。


202111cc.jpg



その反対に、陽の気を喜ぶ人=「冷静だけど心配しがちな人、寒がりな人」は、物事を暗く考えやすいとき。☔

温泉、サウナ、漢方薬、赤い服、保温の衣服で、温かくして乗り切りたいですね。

ホットレモン、紅茶、赤ワインなどを飲んで、ポカポカにして過ごしましょう。


来年、2月4日からは、晴れて、寅年になります~。

陽の気の始まりです。((*´v`)







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ