記事一覧

啓蟄

今日は、3月5日。辛卯月壬子日。

二十四節気の「啓蟄」です。

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3番目の節気です。

「啓」は開く、「蟄」は虫などが土中に隠れ閉じこもる意味から、

「啓蟄」とは、冬籠りの虫が這い出てくるとき。


2021030.jpg


今日からは、辛卯月です。

やっと、春爛漫!卯月を迎えましたね。

近所の梅の花も満開!

とっても綺麗です。

いつもの年よりも、春に美しく咲く花々を、ありがたく拝見しました。

今年は、去年よりたくさん、散歩をして、お花や虫たち、可愛い小鳥たちを観察したいです。




202103.jpg



昨日は、女性誌の取材がありました。

楽しく語らい、無事終了~~~!

内容は、金運の風水についてでした。

プラスαで、これから迎える時代、今年の運気についてもお話ししたので、記事の掲載を楽しみにしていてくださいね。



さて、私は、恥ずかしがり屋なので、多くの人に接したり、自分の宣伝が苦手なのですが、(//∇//)

4月29日、紫微斗数のzoomオンラインセミナーが開催されます。


『紫微斗数1』と『紫微斗数2』の出版記念セミナーです。


初心者対象です。


こちらをクリックしていただけると、セミナー案内のサイトを見られます。


紫微斗数に興味のある方、ふるって、参加の申し込みをしてくださいね。

また、次回、詳しく、案内します。

プチ案内でしたー!



今日も、皆さまにとって、明るく楽しい一日になりますよう、お祈りしてます!🌞










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ