記事一覧

新刊書『【秘訣】紫微斗数1』と『【秘訣】紫微斗数2』が、紀伊国屋書店で平積みに!

己丑月丙辰日。丙火の影響がある一日です。


お友達が、写真を送ってくれました。


横浜SOGOの紀伊国屋書店へ行くと、占いコーナーに、

新刊書『【秘訣】紫微斗数1 命盤を読み解く』、『【秘訣】紫微斗数2 格局と開運法』が、平積みになっていたそうです!







嬉しくなって写真を撮ったそうです。💕 写真を頂いて、わたしも嬉しかったです。😊



『紫微斗数1』は、紫微斗数の入門書。

紫微斗数をまったく知らない人が、学ぶための本です。


暦をつけるかどうか、張先生と相談しましたが、やはり、自分で一から命盤を作れるようにと、暦と作盤方法を載せました。

入門書だから、初歩的な内容です。

しかし、よく読むと、星の解説、四化星の実用的な働きは、日本の一般書とは異なることが分かります。


台湾五術界の土壌の深さと、実戦力の差ですね。









五術に関しては、台湾が大学レベルだとすれば、残念ながら日本は小学校レベル。💦


仮に、中国語ができて、台湾の本を沢山読んだとしても、先生に付いて習ってないので、結局、ポイントが何なのかが分かりません。


最後は、台湾の本を丸々パクって、自分の本として出すという、哀れな末路になる訳です。( ノД`)シクシク…


先に、『紫微斗数1』を読んで、基本から学び、『紫微斗数2』に進んで下さい。


昔から生きてるからって、知ったかぶりはやめましょう~。( ´艸`)

私は自分が愚かなのを十分に知っているので、持論を展開しません。


「紫微斗数は入門するのは容易だが、究めるのは難しい」と、張玉正先生もおっしゃっています。

皆さんもご存知のように、この二冊の紫微斗数の本は、張玉正先生が書きおろしたものを、私は翻訳をしただけです。

持論を差し挟めないほど、張玉正先生の看法は、緻密で、優れています。

私の命宮には、緻密な星がないのです。( ´艸`) 芸術・芸能に適性があります。


本のルビが、『飛星紫微斗数闡秘』に則っているのは、鮑黎明先生が、日本で、先に出版しているからです。

必ず、張先生の了承の上で、書いています。

というわけで、

生れた時間のわかる人は、『【秘訣】紫微斗数1 命盤を読み解く』を先ずは読んでみて下さいね!

きっと、自分の生まれつきの変えられない個性に気づくはずです。











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ