記事一覧

寒露

今日は、10月8日。丙戌月甲申日。

二十四節気の「寒露」です。

太陽黄径195度。野の草に宿る冷たい露のがつく頃です。
 
日本もすっかり秋。

キンモクセイの花が美しく咲いています。

この甘い香りを嗅ぐと、子供の頃に食べたガムの匂いを思い出します。







台湾で、このキンモクセイの花を漬けたシロップを買いました。

とかして飲むと、1年中、キンモクセイの良い香りを楽しめます。💕


いつも、キンモクセイの花が咲くころは、忙しくて、あっという間に過ぎ去ってしまいます。

でも、今年は、咲いているキンモクセイの花を、楽しむことが出来ました。

とっても満足です!






それに、彼岸花がきれいに咲いているのも、見ることができました。

ということは?

毎年、9月10月は慌ただしく過ぎてしまっていたんですね。








さて、寒露から、丙戌月が始まりました。

今年にあっては、めずらしく火の気が強い一ヵ月になります。

人々の気持ちや、世間の風潮は、楽観的になり、遊びたい気持ちが強くなります。

楽しみ事や、娯楽が増える一ヵ月。

今月ばかりは、陽転思考で、楽しい時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

つかの間の夢のように、毎日が楽しく過ぎて行く。

そんな浦島太郎のような夢を見ながら、暮らせる月を迎えたことは幸せなことです~。




私は、2冊の本の校正が重なり、しかも初校の締め切りが来週という、なかなかなハードさ。

でも、丙戌月のせいなのか、のんびりやっても、終われる気がして、なりません。

終わるかどうかわかりませんが、悲壮感が無いってのが、やはり丙戌月、火気と土気が強いからなのですね~。

やっぱり、気の持ちようで、どうにでもなるんですね。

皆さん、GO TO トラベルや、集いで楽しんでください~!!(^o^)丿




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ