記事一覧

夏至

今日は、6月21日、二十四節気の「夏至」です。
1年のうちで、もっとも昼の時間が長い一日です。
昨日、夜の7時なのに空が明るくて、ふと「日が暮れるのが遅くなったなー」と思いました。

今日は、旧暦の5月1日でもあります。

そして、日食もありました。
東京は曇り空で残念ながら、見えませんでした。
台湾では、バッチリ金環日食が見られたみたいです。





これから12月の冬至までの半年間は、日が短くなっていくんですね~。
ちょっぴり黄昏ちゃいます。

一般に、子年は、景気が悪い年が多いです。なぜなら、子は水の気が最も強い地支だからです。
水は、下へ下へと流れる性質がありますから、人々の心は冷静になり、熱狂性や楽観性は影を潜めます。

2008年は戊子年でした。この年も水気が強かったです。
リーマンショックがあった年です。
この年は、3,4月には、すでにとても景気が悪くなり、みな右往左往していた記憶があります。
11月、12月は、世界経済のあおりを受けて、どんな命式の人もパッとしなかった気がします。


20200620_062521368_iOS_(2)_convert_20200621210001.jpg


さて、今年はと言うと、

6月~7月、壬午月、癸未月は、陽の気を残しているので、安泰です。

いろいろなことを仕上げたり、やるべきことを片付けておくと、良いでしょう。

世の中は、変化の真っただ中です。

現実的な実利よりも、物事を柔軟にとらえて、自分に合っていること、自分の才能を活かせることに目を向けるといいです。


20200620_063546811_iOS_(2)_convert_20200621210225.jpg

これまでの価値観がくずれていき、

これからは、ますます個と個の時代になります。

人に危害を与えない、分かち合う、無理強いしない、といった生き方が尊ばれそう。

それぞれが自分らしく、それぞれがマイペース。

新型コロナが流行してから、みんなが心折れていて、励まし合うしかなくて、世の中本当に優しくなった気がします。


8月までは、すこしのんびりとしましょう~。💕


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ