記事一覧

清明

今日は、4月3日。丙子日。

明日は、二十四節気の「清明」です。

中華圏では、清明節は、掃墓の時。先祖に感謝してお墓の掃除をして、墓参りをする日です。

中国緑茶を摘む季節でもあります。

月は庚辰月に変わります。庚は斧を意味し、一刀両断に変化がなされる時です。
庚子年庚辰月。

自分に素直になる時です。

誰に意見を求めるのでもなく、かけがえのないあなた自身になりましょう。

自分らしく、楽しい気持ちを大切に、幸せな時を満喫しましょう。







唐代の詩人、杜牧の「清明」という詩をご紹介します。



「清明」

淸明時節雨紛紛

路上行人欲斷魂

借問酒家何處有

牧童遙指杏花村



和訳:
清明の時節 雨紛々

路上の行人 魂を断たんと欲す

借問す酒家は何処に有る

牧童遥かに指す杏花村


解釈:
清明の季節であるのに、雨は降りしきっている。
雨やどりをしていた一人の旅人は、酒でものんで滅入る心を晴らそうと思い、通り合わせた牛飼いの少年に、近くに酒屋はないかと尋ねると、はるかかなた、杏の花さく村を指さして教えるのであった。


杜牧(とぼく):晩唐の詩人。
803年~852年。字は牧之。京兆萬年(陝西省西安)の人。進士になった後、中書舍人となる。
杜甫を「老杜」と呼び、杜牧を「小杜」ともいう。李商隠と共に味わい深い詩風で、歴史や風雅を詠ったことで有名。


清明の時節に、冷たい雨が紛紛と降って身を濡らすと、魂を断ちそうな気持になる。
けれども、温かい酒を飲もうと気を取り直し、通りがかりの牛飼いの少年に話しかけると、
彼方を指さして、杏の花が咲く村にあると言った。

きっと、杏の花が満開で、温かい酒があると思っただけで、大変に幸福な気持ちになったことであろう。

今の私達も冷たい雨が降り続き、世界中で感染に倒れる人たちがいる。
心は緊張と不安で折れそうになり、救いなどどこにも無い気分になる。

でも、杏の花が咲く村がある、そこには温かい酒もあって、憩えることが分かった。

今、心の幸福を保っていれば、やがて雨も止み、春の温かい陽が射して、必ず杏の花咲く村にたどり着けるはずである。

そんなことを思いました。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ