記事一覧

2月4日立春 新しい一年の始まり!

2月4日。戊寅月丁丑日。

今日は、二十四節気の「立春」です。

立春大吉!

2月と言えば、外の気温は低くてとても寒い!

なのですが、暦の上では、春の季節の始まりです!

たしかに、1月は太陽が低い位置にありましたが、最近は、日に日に太陽の輝きが増しているように感じます。

そろそろ梅の花が開く季節でもありますね。

固い梅のつぼみがほころび始めると、気分がウキウキしてきます。






昨年、2019年は、己亥年でした。

昨年の前半は、前年の戊戌年の余勢をかって、かなり火気と土気が強かったような気がします。
己土の影響でしょう。

水気がやってきたのは、8月8日立秋以降のことでした。

それ以降は、水気の勢いが強くなるままに、年末を迎えました。

亥水の影響が、年の後半に顕われた気がします。


rixtusyun2.jpg


さて、今年は2020年、干支暦では、庚子年。

天干に庚金が表れていて、地支には子水があります。「金は水を生じる」ために、一年を通じで水気が強くなります。

またしても!水気旺盛な一年!

水気が強い年は、人々の気持ちは鎮静化し、楽観的にはならない傾向があります。

景気もあげ調子ではありません。

現在は、コロナウイルスが発生し、すでに中国では2万人が感染したとの報道もあり、その影響が世界中に及んでいます。



今日は、一年の始まりです。日中の気温も上がって、春の気を感じます。🌸

起こってくる出来事は同じでも、気持ちの持ちようで、明るく捉えられたり、暗く捉えられたりするものです。

だから、体操したり、散歩したり、プチ瞑想をしたりして、ゆったりとした心の余裕を持ちましょう。


私は、最近は毎日、瞑想しています。

内面の至福が、外側にも反映されますように!

全ての幸福は、内側から!

眩しく輝く光のように明るい気持ちで過ごしたいものですね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ