記事一覧

今年の土用の鰻は大成功でした

今日は、7月30日(月)己未月癸亥日。今日と明日は、水の気が強い日です。
昨日は、壬戌日で、戌の日なので、やはり土気が強かったです。私も予定外に忙しかったです。


さて、「夏の土用」の時期に鰻を食べるのは、江戸時代からの日本の風習です。

体力を消耗しやすい夏に、精を付けることは良いとのことですね。

わたしめも、鰻屋さんへ行ってまいりました。





「今年は、美味しい鰻を食べたい!」と深く思い、近隣一帯の鰻屋さんをインターネットで探しました。

そうしたところ、異常にレビューの点数の高い一件の鰻屋さんを見つけました。

住宅街にあるこのうなぎ屋さん。

創業47年の老舗!期待感高まります!

我が家からバス一本で行ける場所にあるではないですか!

バスに乗って揺られること20分、徒歩5分、到着。





しかも、国産鰻を出しています。

一色産の鰻だそうです。

まずは白焼きを頂きました。

ねっとりとした濃いお味で、コクがあります。





そして、お重を頂きました。

これが、何とも言えないさわやかなお味!

鰻が脂っこくなくて、たれが甘めのお醤油味で、とても~美味しかったです。





思わず、顔もにんまりしてしまいました。(*´▽`*)

この鰻重、肝のお吸いものまでついていて、とんでもなくリーズナブル。





ここで、お店の名を書くと、この鰻が高騰している時期。

お店のご迷惑になるので、書きません。

ただただ、美味しい鰻の御相伴にあずかりました。

今年の土用のうなぎは、大当たり!!!





これで、「鰻いまいち好きでない人間」を,やっと、卒業できました。

ご店主様、心を込めた鰻料理をありがとうございました!

ぜひぜひ、また行きたいです。幸せな一日でした。

8月1日は乙丑日。今年の土用は、二回、丑の日があります。
「二の丑」というそうです。

きっと、再び鰻屋さんをめがけて、沢山のお客さんが殺到するのでしょう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ