記事一覧

梅干しを土用に干す

今日は8月3日、壬戌日。丁未月壬戌日。

未月も土旺の月ですが、なかでも土用の期間、そして最後の土旺の日です。
悲喜こもごもの土用でしたね。

土気を忌む籠池さんは倒産、詐欺容疑で逮捕されてしまいました。土用の土旺の作用の影響です。

その一方で、水気を忌む今井議員と橋本神戸市議の不倫疑惑が発覚、水気もかなり旺じてきているようです。

今年は、土気と水気が混ざりあっている時期のようです。

木気だけがすっかり弱っているので、みなさん、肝臓に良い、酸っぱい食べ物を摂ってくださいね。


私めは、何だかずーっと、忙しかったです。
新しい本を書きながら、その空いた時間に専門書を直す。そして本も読む。
過酷な頭脳労働の続いた夏季でした。

そして息抜きになったのは、ラッキョウ漬け、梅シロップ、梅干し作り。
酸味のあるものばかり。
今年は、誰にとっても、クエン酸を必要としているのです!( ´艸`)


ずっとやりたかったけれども、樽に漬けるとか・・・無理な感じでしたし、
これまでできなかったので、今年は手づくりに挑戦!

ネットを見ると、“ジップロックで梅干しができる!”と、あったので
早速、チャレンジしてみました!

そして、今、土用の時期、塩漬けした梅を干しています。

梅干しは、土用の期間に干すのが良いらしいのです。




6月の末に、八百屋さんで3Lサイズの南高梅を6キロ買いました。
ジップロックを二重にして、南高梅+塩+カビ止め用の焼酎少々を入れました。
梅酢が溢れてもいいように、透明のビニールのごみ袋を敷いて、ペットボトルを重しにして、段ボールの中に安置しました。

毎日、ジップロックを左右にゆっくりと傾けて、梅酢をまんべんなく行きわたらせます。

途中で、塩揉みした赤紫蘇の葉を入れました。

そうして、一ヵ月たつと、ふっくらとした梅漬けができました。


ドキドキしながら、梅干し用のバスケットに並べて、ベランダで干しました。


↓ これは、天日干しして、2日目。





梅酢も干しました。

天日干しして、殺菌するのだとか。





↓ これは、3日目。曇りのち雨、の日だったので、写真の色が悪いです。

大分、シワシワになってきました。


夜は、梅酢に戻します。

朝は、また出して干す、を繰り返します。






4日目。

梅酢の紫蘇の色がついて、かなり赤いです!


完成まじかです。





もう一日干して、柔らかくしようとしています。

初めての体験だったけれど、上手くできました。干して、できるまで、ドキドキでした。


売っている梅干しはもう食べられない!

塩で漬けただけなのに、これは美味しすぎます。

これで海苔を巻いたおにぎりを作って食べると、下手なものを食べるのよりも、体調良くなります。

アルカリ性食品代表の梅干し。

皆さんも、今年と来年は、毎日、食べてくださいね~!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ