記事一覧

5月5日 立夏

今日は5月5日、日本では子供の日です。日干支は壬辰日。

そして、二十四節気の「立夏」です。



春の土用が終わり、今日から夏が開始します。

「立夏」を迎えると、目に見えて気温は上昇し、暑気が降臨します。



雷雨は多くなり、農作物は大変に成長する重要な節気の一つです。


現代人にとっては、二十四節気の一つですが、古代中国においては、「立夏」は大変に重要な日でした。

『歳時佳節記趣』の記載によりますと、

先秦時代の各帝王は、「立夏」の日に、大勢の文官武官を引き連れて郊外まで行き、夏を迎える儀式をしたそうです。




君臣はみな朱色の礼服に統一し、朱色の玉を身に付けて、赤毛の馬と朱色の車に乗って夏を迎えに行きました。

それは、彼らが五穀豊穣を強く求めているということの表現でした。

まさに、古代版「引き寄せの法則」!君臣揃って夏がやって来るのをお迎えにあがったわけです。

人は、なんと古代より、引き寄せをしていたのです。


それからもう一つ。

立夏における民間の習俗は様々ですが、中国の南方に「胸前掛蛋(前掛け卵)」という伝統行事があります。

これは、なかなか興味深い習俗です。





伝説によると、瘟病(高熱が出る急性伝染病)の神は眠るのが好きで、ずっと眠っていますが、「立夏」の日に目を覚まします。

目を覚ますと疫病をまき散らします。

その時、子供へ最も重大な被害が及びます。

女媧が現れて、疫病の神と論争となりました。

疫病の神は、胸前掛蛋を目印に、「立夏」の日に胸に卵を掛けている子供は被害を受けないということをやむなく承諾しました。





それ以来、「立夏」の日は、母親たちはみな、ガチョウの卵、アヒルの卵、ニワトリの卵を煮て、子供の胸に掛けました。





これは、現代の胸前掛蛋(前掛け卵)をしている子供たちのようす。





暑い夏に流行る高熱が出る伝染病に罹らないようにと願う親心。


「立夏」は、こうやって大切に育ててくれた親に感謝する日でもあるんですね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ