記事一覧

ゴッホとゴーギャン

今日は10月14日。戊戌月己巳日。旧暦九月十四日です。土の気が天干地支ともに大変に強いです。

おかげさまで、翻訳執筆生活から解放されて、人間らしい暮らしになりました。

さて、上野の東京都美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」を見に行きました。

同時代のモネやピサロ、ベルナール、ミレーやコローなどの絵画も来ていました。



ゴッホの絵はやはり魅力的ですね!

色彩やタッチが独特なだけでなく、絵から放つ気に見た人は必ず胸を打たれます。
何度でも見たくなる、そんな人を惹きつけてやまない魅力があります。

ゴッホは、色鮮やかで大胆な構図の浮世絵の影響を受けているので、線の描き方や構図に、日本人はどこか親しみを受けるのかもしれません。

ゴーギャンも天才です。ただこうやってゴッホの絵と比べてみると知性的であり、理性的に見えます。



両者の命式を少し分析して見ましょう。

【ヴァン ゴッホ.ビンセント】
1853年3月30日午前11時。オランダ、ズンデルト生まれ

時 日 月 年
癸 丙 乙 癸
巳 申 卯 丑

(大運)
28  18   8
壬   癸  甲
子   丑  寅
×     ×    ⚪︎

●日干丙、身弱。印綬格。喜木火。忌土金水。
●28~37歳壬子の大運。1890年7月29日、ピストル自殺。享年35歳。

【ポール.ゴーギャン】
 1848年6月7日午前10時。フランス パリ生まれ

時  日  月  年
己  己  戊  戊
巳  卯  午  申

(大運)
50  40  30  20  10
癸   壬   辛  庚   己
亥   戌   酉  申   未
⚪︎    ×    ⚪︎   ⚪︎    ×

●日干己、身強。建禄格。喜金水木。忌火土。


5歳年上のゴーギャンとゴッホはパリで出会い、お互いに影響を受けました。

ゴッホは、ゴーギャンに手紙を書き、アルルに熱望して招きます。ひまわりの絵をたくさん描いて、ゴーギャンのために部屋を飾りました。二人は共同生活して制作を開始します。(1888年10月20日、戊子月壬戌月甲子日)

身弱の丙のゴッホが、喜ぶ五行にあたる火気をたくさん持っている命式の強いゴーギャンに惹かれたのは自然なことだったでしょう。

しかし、わずか2ヶ月後のクリスマスの日に、絵の描き方から口論となり、二人は破局を迎えます。
ゴーギャンは去りました。その直後にゴッホはカミソリで自分の左耳を切り落として入院。(1888年12月25日、戊子年甲子月庚午日)

この時は、子年子月ですから、ゴッホにとっては水気は官殺にあたり、とてもストレスの高い目上から攻撃されやすい時期でした。おそらく、生まれつき自我が強く、しかも5歳年上のゴーギャンからの叱責で、自尊心を粉々にされて気を病んだのでしょう。
逆にゴーギャンは、水の気を大変に喜びますから、お金と愛を求めてパリに帰ります。

1889年10月14日に、ゴッホは精神病を患います(己丑年甲戌月癸亥日)。

1990年1月、刑務所病院へ入ります(己丑年丁丑月丙午日)。

狂気の発作が彼を度々襲うようになります。
療養所の生活でも医師の勧めで、療養所の内外の風景を描いていました。
1890年7月29日午前1時30分、ピストル自殺しました。享年35歳。(己丑年癸未月辛亥日己丑刻)
土気がとても強い時で、食傷は本音という狂気の発露となってしまったのでしょう。

「印綬格」のゴッホは信仰心が強く、もともとは牧師を志したわけです。
1880年(庚辰年)27歳でオランダからパリに出てきます。偏財の年にあたり華やかさに憧れたはずです。
しかし壬子の大運が開始し、孤独と逆境が苦悩をさらに色濃くしていったのかもしれません。
比肩・劫財を喜びますから、弟のテオが終生の理解者であり援助者となりました。



一方ゴーギャンは、タヒチに移り住み、パリに一度戻りましたが2年後再び島へ行き、風景を描きながら自由気ままに暮らしました。1903年5月8日に亡くなります。享年55歳。(癸卯年丁巳月丙申日)

本来ならば、もっと長生きする命運にありますが、医療の発達していない生活環境で寿命を短くしたと思われます。



自我が強くて行運に恵まれたゴーギャンと、自我が弱くて内向的な性格、行運の弱いゴッホは、パリの同時期を共にしましたが、あまりに対比的な人生だったようです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ