記事一覧

重陽節

今日は10月9日。甲子日。

昨日は二十四節気の「寒露」。冷たい露が降りる季節を迎えましたね。

いよいよ戊戌月になりました。

天干地支とも土の気である今月は、大変に特徴のある月になります。

2018年を象徴する1ヶ月でもありますから、注意深く過ごして下さいね。



そして、今日は「重陽の節句」です。

旧暦の九月九日。

陰陽説では九は陽の数であり、その中でも最大の数です。それが二つ重なりますから、重陽というわけです。

かつては、陽に傾きすぎるため、この日は厄除けとして行事をしていたのだそうです。

いつの頃よりか、陽の最高の数である9が二つ重なることは大変に吉であるという意味に変わり、お祝いをするようになったそうです。



現在では、中華圏では長寿を祝う日です。

この季節に咲く菊の花は薬効があり、菊の酒を飲んだり、菊料理を食べたりします。

また栗ご飯など秋の季節の食べ物もいただきます。



私も栗ご飯を作りましたー。



神様やお仏壇等三ヶ所にお供えし、その後、全部頂きました。かなり食べ過ぎてます…!

秋の季節と年長者の長寿を祝いましょう!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ