記事一覧

ルドベキア 影を光に変える花

今日は10月6日(木)、辛酉日。昨日に続いて金気が大変に強いですね。

私にとって金気は官殺にあたるので、神や上司に当たりますが、

なんと偶然にも…
YouTubeでインドの聖人サイババ様ガヤトリーマントラを発見しました。

サイババ様の生の声のガヤトリーマントラを聞きながら仕事するのは、なかなか楽しいです❤️

最近、iPhone用のミニスピーカーを買い、すごく安いにもかかわらず、音がいいので嬉しくなってヒーリングミュージックとか聞いていたんです。

偶然にも!と言いましたが、
私はサイババ様には縁があります。何度も夢に出てきて、体の不調を治してくれました。

原因不明の腹痛で長い間苦しんでいた時も、サイババ様が夢に出てきて、ベッドに仰向けに横たわる私がいて、真っ赤に熱した火の棒をお腹に入れられる夢を見て、ビックリして飛び起きました。お腹の痛みはその時から治りました。

今回も、しばらくサイババ様のこと忘れていましたが、きっとこの時期、意味があってのご登場なのでしょう。

深く深く感謝!

とかち帯広では、ルドベキアという花が咲いていました。



キク科のオオハンゴンソウ属の植物です。

皆さんもきっと見たことがあるでしょう。

北米原産のこの黄色い花は、明治時代に観賞用として日本に入って来ました。

外来種の多年草です。

アメリカでは、Black-eyed Susan(黒い瞳のスーザン)とも呼ばれています。



はじめは、北海道などの冷涼な気候の土地に咲いていたそうですが、今では日本全国に分布しているそうです。

この植物には、次のような癒しの効果があります。

過去に起きた嫌な出来事やトラウマは溜め込まれ、感情や記憶を麻痺させたり、心身の病気として表面化します。

この花は、葬り去った過去を見ようとしない人に、それに対面させ意識することで、それを乗り越えていく力をつけます。

心の中にためこまれたものに、光を当てて気づくことで、エネルギーを解放します。



このお花を見ることで、遠い過去の嫌だったこと、屈辱的だった経験が思い起こされてくるかもしれません。

その時を思い出し、その感情を再体験し意識に上らせることで、人は乗り越えることができます。

人は、とても嫌だったことって思い出したくないので、普段は自分が気づかないところに埋蔵しているのかもしれません。



特に子供の頃は、判断がつかなかったりするので、意味不明にすごく嫌だった、という想いだけが深いところに残り、その後に影響を与えていきます。

それを、再び思い出して、直視すれば、大人の目で判断がつきますから、その時から続いているトラウマやいつもの傾向性のルーティンから離れることができます。



そして、もしも嫌なこと思い出して、しょうもない気持ちになってしまったら、
ガヤトリーマントラを聞いて、至らなかったその当時の人々の言動を光で浄化しましょう。

自分の嫌だった…という想いを癒し、
強く生きる力を取り戻していきましょう。

今日は十勝の草むらとガーデンで見つけたルドベキア、その癒しについてのお話でした。

お花の癒し効果はすごいです~。

私も沢山のお花が咲くガーデン持ちたいです~❤️
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ