記事一覧

中秋節

秋風と共に夏の暑さが去りました。

天は高くなり、稲や果物の実りの秋を迎えます。




今日は、旧暦の八月十五日。

台湾では、三大節句の一つ「中秋節」です。

中秋の名月を愛でて、家族円満を月の神様に願う日ですね。

日本は平日なのですが、台湾では公休となり9月15日~18日は四連休です。





お月様の円さをかたどった月餅(yuè bǐng:げっぺい)を、親しい人同士で贈り合い、食べます。




月餅は様々な種類があります。

中の餡は小豆、緑豆、餅、肉、アヒルの卵、なつめ、ナッツ等等。



また、文旦または柚子を贈り合って、この時期に食べます。

私は、この文旦が好きで、台湾に住んでいた時は、秋から冬に向かってたくさん食べました。

一房一房が大きくて、甘くてとってもジューシーな味わいは台湾の秋の味覚ですね。




そして文旦は中の実を食べて、皮は帽子にして子供がかぶります。柚子帽というらしいです。


あと、台湾では中秋節に焼肉を食べる習慣があります。みんなでバーベキューをします。

これは焼肉のタレのコマーシャルで普及して、中秋節恒例の風習になったようです。
連休に、みんなでバーベキューするのは楽しいですよね!(^o^)


日本でも、中秋の名月を愛でる、お月見の風習がありますね!
子供の頃は月見団子を作り、ススキを飾ったものです。

今日はくもりで、お月様見えそうにありませんが、秋の季節を楽しみたいものです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ