記事一覧

白露

今日は9月7日。

二十四節気の「白露」です。



白露(はくろ)は、二十四節気のひとつ。



太陽黄経が165度の時で、処暑のあと、秋分の前に当たります。

ちょうど、秋の気配が感じられる頃です。

残暑はあるものの朝晩は空気が冷えて、草の葉などには露(つゆ)が見られるようになる季節という意味です。



干支暦では、今日から丁酉月が開始しました。

酉は金気が最も強い十二支です。その上には、丁が載っています。

燃える火と、宝石の金が相剋を起こす意味から、世界情勢は武力の衝突や対立、また事故等も起きる傾向が。

緊張感が生まれやすい時期なので、トラブルを回避して冷静に対応したい1ヶ月です。

今日は、壬辰日。天地徳合の日で、何をするにも無難な一日となります。

旧暦では八月七日。旧暦八月の象意が出やすい日でもありますね。



私は、身を清め、神様や仏様にお参りしました。穢れを祓い、ご先祖様に感謝し、台湾の神様にも感謝しました。

皆さんにとっても、爽やかなスッキリとした日々でありますように!(^人^)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ