記事一覧

集英社のオンライメディア「Our Age」にコラムの連載が始まりました!

今日は2月4日、二十四節気の「立春」です。干支暦の丙申歳が開始しました。

今年もまた、様々な経験を通じて、そして実りの多い一年にしたいものですね。
皆さんのますますの幸せそして幸運をお祈りしてますよ~♪

さて、新年、第一弾の話題といえば、

集英社のオンラインメディア「Our Age」に、
『願いをかなえる「おそうじ風水」』の連載が始まりました!


Fotolia_75021232_XS.jpg


第一回:運が確実にUP! 幸せになれる「おそうじ風水」とは?

はじめに

こちらを読まれる方に、風水について少しだけ知っておいてほしいことがあります。
というのは、風水の意味そのものを知らない人も多く、また、「おそうじ風水」ってあるの?」と、
聞かれることもあるからです。

ではいったい、風水とは、何でしょうか?
現代では、風水はおまじないの一種のように思われていますが、これは誤った認識です。
中国で生まれた風水の本来の意味は、地の気の旺盛な土地を選ぶ技術のことを指します。
古来、中国人は、地の気の旺盛な土地を求めました。
なぜなら、地の気の旺盛な土地では、人も草木も動物も元気になり富み栄えるということを
古代の人は知っていたからです。
・・・・・・・・・・・

17-0808.jpg

このように、「風水の意味」からはじまる、私のおそうじ風水コラム。

すでに、第七回まで掲載されております。

ご興味のある方はご覧になってみてくださいね!

Our Ageはこちらから


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ