記事一覧

『なぜか「幸運に恵まれる人」がやっていること』(PHP研究所)に記事が掲載されました!

今日は2月3日。乙卯日。節分です。節を分ける日。
つまりその翌日は二十四節気の「立春」です。
八字では、新しい一年が始まります。いよいよ干支暦で丙申年が開始します!

乙未年、旺盛な土気に苦しんだ人もいよいよ夜明けですよー!!

昔、ラジオ番組で、「節分過ぎれば、朝日も昇る!」と語っていた開運指南の男性の先生がおられました。

「いい言葉だな~」と子供心にいつも思っていました。

戦中戦後をたくましく生き抜いた昔の人の生活の苦労は、現代人には分からないと思います。
私が知っているわけではありませんが、祖父母や父母から聞いた戦争の話は凄惨でした。
だから、戦後も裕福な一握りの人達を除いて、多くの庶民は、自然の摂理を人生に置き換えて話す先生の言葉に、生きる希望の光を見出していたのだと思います。

この一年、たとえどんなに辛いことがあったとしても、節分を過ぎれば、かならず運はよくなるのです。
運とはそういうものです。
その変わり目が節分であり、2月4日立春なのです。

どんなに夜が暗くても、時が来れば、朝日は必ず昇る!

そして、農暦(旧暦)一月初一(旧暦のお正月:春節)は、新暦の2月8日に当たりますから、紫微斗数はこちらの日から新年です。あと4日ありますね。待ち遠しいです。今年ほど旧正月が待ち遠しい年はありません。^^

さて、
PHP研究所より『なぜか「幸運に恵まれる人」がやっていること』(PHPくらしラク~る編集部)が発刊されました!



私の記事も、幸運に恵まれる人のしていることの一つとして、掲載されております。

タイトルは、“捨てるだけ風水”で心と体に元気をチャージ”

↓こちらからご覧になれます。
PHPのホームページ

では、皆さんも、乙未年最後の一日は、恵方巻きを食べたり、豆まきをして、厄を送りだし、新しい丙申年を迎えてくださいね~!(*^o^*)/


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ