記事一覧

紅芭蕉

今日は12月17日丁卯日。農暦11月7日。
この三日間、なかなか寒かったのですが、また、明日から18℃以上になるとか。

さて今日は、台湾の果物、紅芭蕉 [Hóng Bā Jiaō]のご紹介です。

台湾には、バナナの種類で、芭蕉(バージャオ)日本語でバショウ、という果物があります。バナナより小ぶりでモンキーバナナよりも大きい。
お味は、バナナのような強い香りはなく、味もさっぱりしてます。色は黄色。

バナナは中国語で、香蕉[Xiāng Jiaō]と言って、甘い香りがするのが特徴ですね。

さて、こちらが紅芭蕉です。




赤い芭蕉。赤い色の皮に包まれています。

今まで食べたことがなく、今回初めて買ってみました。

お味の方は、大変に甘くて美味しいです!
実の色もやや赤みがかっています。

早く食べれば良かったと思いました。

一房14本で180元=680円くらいかな。

毎日食べてます(笑)

一週間食べ続け、最近はバナナクレープが朝ごはんになってます。砂糖やクリームがなくても、十分に甘いです。



普通のバナナ、グァバ、釈迦頭と一緒にお皿に盛ってみました。

こうやって果物をお皿やカゴに盛って、キッチンやお部屋に置くと、金運が良くなるそうですよ!

それを知ってからは、果物をバベルの塔みたいによく盛ってます。
(リーマンショック回復期は、髪を盛って盛って!が流行りましたね~)

たしかに、何も無いよりも、お部屋に、良い香りとリッチ感が溢れます~!

気分も豊かになり、運気に落ち着きが出てきます。
お花とはまた違う効果です。

皆さんも、ぜひ、ビタミンたっぷり、色鮮やかな果物をお部屋に盛ってみてはいかがでしょうか?

実り豊かな年末を迎えること間違いなし!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ