記事一覧

2015年下半期を明るく過ごす!

久しぶりにブログを書きます。✨
今日は11月18日、丁亥月戊戌日。
台湾はまだまだ暑くて日中は30℃あります。昼夜、クーラー無しには過ごせません。まだ夏の装いなんですよ。半袖です。



先月の丙戌月は、五行の火気がとても強かった。つまり「火剋金」現象が起きました。
私にとっては、仕事=金気を剋すので、全く仕事する気になれず、というか、9月末にインフルエンザに罹って以来、何もする気になれない、休息の月となりました。



今月は、すでに丁亥月になり、地支に水が強くなってきているにもかかわらず、まだまだ天干の丁火が強い。

そんな中、11月13~14日、癸巳日~甲午日は、フランスのパリで連続爆破テロ事件が起きました。事件の犠牲者の冥福をお祈りいたします。そして、世界で起きている、対立から生じる戦火が鎮まることを祈るばかりです。

最近で唯一、水気が強かったのは 11月12日、壬辰日です。
この日は、私も午前中、出先で吹き抜ける冷たい風で背中が苦しくなった。しかも、その直後に1年半ぶりにばったり知人に出会うという不思議な日だった…、暦をみたらやはり水気が強かった。

温暖化、エルニーニョ現象で、世界には気温がさらに高くなっている地域があります。
日本は11月も半ばを過ぎて冬の寒さだとききましたが、もともと熱帯の国ではさらに暑い気候になっているのでしょう。
ちなみにヨーロッパの諸国は、五行では金気に該当します。
巳午未の年は、三方火局=「夏の会局」といって、12年周期で火の強い三年間。
パリのテロ事件、世界各地で頻繁に起きた航空機事故なども「火剋金」の影響を受けた、とも言えるでしょう。

12月7日大雪を過ぎると、戊子月に入ります。火気の表出はおさまるものの、今度は戊土が出てきます。
今年は乙未年で、地支の未の己土が強い年です。天干の木気は作用は表れますが、未の土気より力量は強くはありません。
また、未は三方火局を作る眷属でもあり火を含む燥土です。
その土気が天干に出てくるのは、12月の戊子月と翌1月の己丑月。つまり12月と1月は今年の集大成の時期なのです。
良くも悪くも、2015年という1年の最終的な結論が出る時です。
今年、収穫や成果を得る人は、1月6日~2月3日の間に、大きな喜び事があるでしょう。
今年、苦い水を飲んだ人は、この時期は反省と自粛の時となるでしょう。

誰にでも必ずある運の波。
運の波に浮いたり沈んだりするのはウォーターに立った水草の家。

地に立つ家は堅牢です。
地に立つ家とは、天の大神様を愛すること。神様を愛していれば道に外れたりすることはありません。
今日に感謝。
明るく楽しく幸せに生きること。



今年も2016年立春の2月4日まで、残り2ヶ月半。明るく幸せにいきましょう!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Shusei・Lin

Author:Sofia・Shusei・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。

風水鑑定、相談、取材、執筆などの御依頼は「林秀靜公式webサイト」の鑑定・お問合せ欄からお申し込み下さい。↓
林秀靜公式webサイト 

カテゴリ