記事一覧

        

公式サイト

     

河村たかし氏の命式判断

9月14日、丁酉月乙丑日。

二十四節気の「白露」が過ぎて、いよいよ季節は秋です。

丁火が天干に表れて、地支の強い酉金と拮抗する月。
金の集中力や鋭さと、火の情熱の両方を、発揮できるといいですね。


2021ominae.jpg
【秋の訪れ、オミナエシの花】


先月くらいから、世間では、金気と水気が強くなってきています。

命式の実例判断をご紹介します。(林説:やっと心の余裕を取り戻しました💦)

たとえば、

名古屋市長の河村たかし氏。72歳。

1948、11、3、生まれ。

命式
 日 月 年
 壬 癸 戊
 辰 亥 子

大運
71



日主壬(水)で、亥月生まれ。亥子の「半方水局」、辰子の「半合水局」があり、水旺。
普通格局、かなりの身強の命式。
(生時不明ですが、誰が見てもわかる身強の命式)

年上の戊土(偏官)が、強い水を抑制し、良い働きをしています。

我が身の勢いを弱める、木気、火気、土気を喜びます。
我が身を強める、金気、水気を忌む、命式です。

2021年8月30日、新型コロナ感染の疑いで自宅待機。

新型コロナ感染が分かったのは9月1日。
この日は丙申月壬子日。
申子辰の「三合水局」を形成して、水の気がとても強い月日でした。


9月13日に療養を終えて、公務に復帰されました。
大事に至らなくて、よかったですね。

身強の人が、さらに我が身が強くなる時は、トラブルや病気に気をつけましょう。

金メダル噛み事件、公私混同というか、受けを狙ったのでしょうけれどもやりすぎな行為でした。

自分もそうかも?と思った方は、

ぜひ、次のような額を部屋に掛けたい。

♡「謙虚」♡

私も机に紙を貼ってあります。💦


2021cho.jpg
【ガーデンで見つけたアオスジアゲハ】


我儘な人って、自分が我儘なことに気づいていないそうなんです。(;゚Д゚)

昨日、本を立ち読みしていて、「なるほど!」と、ハッとしました。

やっちゃってることに気づいていない!

思い当たること多数・・・!

調子に乗りすぎだった?

適度な距離、別々の時間を持つことが、

人と上手く付き合い、平安を保つコツなんだそうです。


そうしていれば、

どんな環境にいてもいつも幸せ!

あとは、自助努力(他を頼らず、自力を尽くして物事を成し遂げようとする)していれば、

いつかは花が咲く!
というものです。(*‘∀‘)



↓四柱推命(八字)を学習したい方はこの本を!( ^^) _U~~

Amazon『日本一わかりやすい四柱推命の本』はこちらから







**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ