記事一覧

        

公式サイト

     

立春 2月3日 春の始まり

今日は、2月3日(水)。二十四節気の「立春」です。

今日から、春が始まります。


正確には、2月3日23時59分に、新しい年、辛丑年を迎えます。

本日より、辛丑年、庚寅月になります。

立春が2月3日になるのは、珍しいことだそうです。



↓写真は、台湾の陽明山の桜です。

陽明山では、桜の花が七分咲きで、花見の人がたくさん訪れているそうです。

コロナも封じ込め、戸外で大勢で花見ができるなんて、本当にこの世の春ですね。


日本も、緊急事態宣言が効を奏して、新規患者数が減りつつあります。

明るい兆しが見えてきました。

春分を超えると、さらに状況は改善するのではないでしょうか?



img20210201105847429_800.jpg




庚子年の最後の月となる2021年1月は、冬の土用に入っても、水の気が猛威を振るっていましたね。

毎日、夢占いをしているのですが、
ある日、雪の積もった枝が風に吹き飛ばされている夢を見て、その後に、心が凍るような出来事もたしかにありました。

だから、やっと、年が変わり、心から、ホッとしています。



私にとっては、2020年、庚子年は人生で最も短く感じた一年でした。

ただただ、紫微斗数の二冊の本を書くことに、夢中になって過ごしました。

120年分の暦をWordで作っている時は、NHKの「シルクロード」再放送を見て、自分を励ましながら文字を打ち込んでいました。

だから自然の中で、太陽の光を浴びながら、ぶどう狩り、ブルーベリー狩りをするのが唯一の癒し。

あまりに引きこもり&過酷な一年でしたが、集中することがあって、良かったと思います。



mejiro.jpg



今朝の夢は、吉夢でした。

他界した父母や家族全員で、家の中のちょっとした片づけをしている夢。

みんな元気でした!すで父母は他界してはいますが( ´艸`)

この家に引っ越そうかなと考えて、行ったり来たりすればいいんだ!とも思いました。

私の夢の特徴は、生きている人とあの世で暮らす人が、一緒に出て来ることです。

近年は、生きてる人も亡くなった人も楽しそうで、気分がいいです~



いよいよ新しい一年の幕開けです。🌞

昨年の新型コロナの体験を通じて、皆さんの気持ちや抱負も、すっかり変わったのではないでしょうか?

地球の上に住む動物、植物たち。

人間も動物ですから、良き環境を選んで、自然とともに健やかに生きる!🌲

そんな、幸福な未来が開けている気がします!💕



**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
現在は執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。出版発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ