記事一覧

        

公式サイト

     

週刊誌『女性自身』12月1日・8日合併号に「内臓占い」の記事が掲載されました!

今日は、11月17日(火)、丁亥月甲子日。
水の気強まって来ています。

日中は暖かい日が続いてありがたいですね。
念のため、朝晩はエアコン弱めに入れてます。

ところで、みなさん、臓活されてますか?(^▽^;)


女性週刊誌『女性自身』12月1日・8日合併号に、「内臓占い」の記事が掲載されました!







 内臓の働きをケアする『臓活』が注目されていますが、これは古くから伝わる中国の『陰陽五行説』で大切にされてきた考えです。

 五行説の中で、内臓は運命とも密接に関わるとされています。


この世のあらゆるものは陰と陽、「木・火・土・金・水」の五元素から成り立つとするのが「陰陽五行説」です。

 この五元素は、中国医学では「肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓」の五臓にあてはまり、漢方薬の処方などにも使われています。

 人にはもともと持っている内臓タイプがあり、それを知ることが大切です。


 私は漢方クリニックで10年間にわたり、内臓タイプごとの体質と疾病の研究を行いました。そこでも、内臓タイプと不調には関連がみられました。

 その研究をふまえ、陰陽五行説をもとに、今回の記事では「内臓占い」を作成しました。

 内臓タイプ別の開運法は?

 内臓タイプによって、陥りやすい不調があるということは、そうならないように心や体、周囲の環境を整えてあげれば、自然と運が開けるということです。

 この占いには、生まれた季節によって、各臓器に『強』タイプと『弱』タイプがありますが、強がいい、弱が悪いということではありません。内臓はお互いに関係しあっていて、ある臓器の力が強すぎると別の臓器の力を弱め、そこで不調が起きます。
 
つまり、属するタイプの臓器の力が強くなりがちな『強』タイプの人は、弱めてしまう臓器の力を補うことが開運につながります。

 逆に、『弱』タイプの人は、自分の属するタイプの臓器の力を高めることで開運します。


自分の内臓の強弱に合った生活と行動が、開運への近道です!


詳しくは、本誌を書店やコンビニでご覧くださいね~

本日火曜日、発売です(^▽^;)



**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
現在は執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。出版発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ