記事一覧

        

公式サイト

     

6月5日 芒種

今日は6月5日。二十四節気のひとつ、「芒種」です。

太陽の黄経が75度の時。稲・麦など芒 (のぎ) をもつ穀物の種をまく時期とされており、この名があります。

干支暦では、今日からやっと、壬午月に入ります。

今月は午月なので火の気が強くなり、温められて、ホッと一息つけそうですよ~!🌞


20200528_054223814_iOS_(2)_convert_20200605103652.jpg


今年の4月~5月は、庚子年、庚辰月・辛巳月は、五行の金気が大変に強かったですね。

全世界で新型コロナウィルスの流行。
生れてはじめてのこと。
どうしていいのか分からない。

患者はどんどん増えるし、緊急事態宣言発令で、身も心も恐怖のどん底に突き落とされました。

世界中の人もモノも動きがストップしました。

動くと、ウィルスが拡がるので、じっとしているしかない。

戦時中か、嵐の中にいるような感じでした。

それでも、世界中の人がみな一致協力して、この危機を乗り切ろうとしています。


20200528_053945202_iOS_(2)_convert_20200605103545.jpg


閏月のある年は、寒くなるとも言われます。

たしかに、4,5月は気温がなかなか上がらず寒かったです。

寒さに耐えきれずに、五月の連休に、ストーブを付けたおうちもありましたよ。


20200528_051935199_iOS_(2)_convert_20200605103429.jpg


実際には、北極に出現した過去最大のオゾンホールが消えたり、南極のオゾンホールが観測以来最小になったり、世界の主要都市の空気がきれいになったり。

地球上で生命が長生きしていくのには、自然環境が改善されて良いことに違いありません。

どんな未来を我々は模索すればよいのか?

物事への視点や思考の転換を余儀なくされた2ケ月でした。


20200528_054901468_iOS_(2)_convert_20200605104149.jpg


さて、この6~7月の2ヵ月間は、旺盛な金の気で傷んでしまった心身を、まずは癒す時期です。

身体にコリや痛みがある方は、おそらく冷えと緊張で、身体が筋張り、堅くなっているのだと思います。

中医学的には、湿・寒の症状です。

ぬるめのお湯でのんびり温浴♨、マッサージや整体を受ける、温系の張り薬を体に貼る、

散歩をする、談笑するなど。

うちの近所の池の周りには散歩をする人たちが大勢!
池で釣りをする人、たくさんの子供たちがザリガニ釣りに興じていました!


リラグゼーション・瞑想の時間は、1時間以上とって、寝ちゃうかもしれませんが(笑)いいんです!それでいいんですよ。

ちぢこまった自分を解放します。

リラックス~!リラックス~!(*´▽`*)

ゆっくりのびのびして、心身をリラックスさせましょう。

森林系のアロマ、花の香水で癒されましょう。

温かいお茶、香味野菜の入った温かいお粥なども、緊張を解きほぐしてくれますよ。

この時期、特にお試し下さい~♪

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で命証合診を通し先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
2016年、日本に帰国後、張玉正先生の専門書等の翻訳をする。
現在は、執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)など70冊以上。出版発行部数は300万部。
翻訳書には『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(いずれも太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ