記事一覧

        

公式サイト

     

干支と五行がかたよる季節

 今日は10月24日(金)、一昨日、昨日は、丙寅日、丁卯日だったので、火の象意がずいぶんと出ましたね。私も、家で音楽や映像を楽しんだり、シェラトンホテル附近を散策してみました。
 コーヒーやいろいろな食材を買い込んで来て、料理をして食べたり、まさに「食神」満載な日でした。
IMG_3971_convert_20141024150013.jpg

 甲戌月も残すところあと2週間。秋の土用の時期でもあります。
 四柱推命でみると、甲が年干と月干でダブルで重なるので、「甲木」の象意が大変に強く表出する一ヶ月だといえます。
 しかも、午年の戌月で、「午戌」の半合火局となり、火の勢いも、大変に強くなるでしょう。
 さらに、戌月の土用でもあるので、旺盛な木火は土を生じます。
 
 今月、絶好調の吉運気にあるのは、次の人たちですー!
 日干が水で身強の人、日干が金で身強の人、日干が火で身弱の人、日干が土で身弱の人。
 
これらの人達は、今月は明るい話題が多いです。有益な話が舞い込んだり、良い話がまとまり、何もかもがうまくいく時だったことでしょう。 (ちなみに、日干木の人は甲木が出たり、火が出たり、土が出たりで吉凶は混合。)

 今度は、紫微斗数で見てみると、甲の四化星は、廉貞に化禄星、破軍に化権星がつきますから「殺破狼」が有利。今年、流年、流月の命宮の三方四正に、「殺破狼」が加会する人は吉運を享受できる時です。反対に、今年の流年、流月に「機月同梁」が加会する人達は、太陽に年・月で化忌星がダブルにきますから、太陽星の過剰な働きの悪さが表出しやすい時です。父親、夫、男性、陽、熱、炎症、活動過多、ケンカなどといったことが太陽星がある所について回りますから、元々、甲に問題がある人は要注意!!
 
 干支と五行で良くないものが巡る人は、運気がいまひとつ乗らず、物事はうまく行かず、意気消沈した10月でした。
 こういう時は、江戸時代の観相家水野南北のように一日麦飯2合・酒少々。平常の労働にコツコツ勤しんで、外界の雑音に惑わされないようにする。そうすればだいたい問題なくやり過ごせるものです。ちょっと出家っぽいですけれども・・。
 
 今月、運がいい人は、何でもうまく行く時なので、自由に毎日を創造して大いに楽しんで下さいね!
 がんばれー!!^^
 あと二週間が勝負です!積極的に行きましょうー!!

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ