記事一覧

        

公式サイト

     

今日は1月6日。二十四節気の「小寒」。脾胃を温めましょう!

本日、1月6日。二十四節気の「小寒」です。

太陽高度は冬至を境に高くなりつつありますが、気温はこれから一層低くなります。

外出時は、コート、帽子、マフラー、マスクでしっかりと防寒して、室内では保温・保湿に気をつけたいものです。


聞くところによりますと、室温が1度低くなると、二歳老化する!認知症のリスクが高くなるとか…。

暖房費を節約するよりも、冬季はエアコンなどの暖房をしっかりと入れて、部屋全体を温かくして過ごすことが健康にはよさそうです。

温かい飲み物をとって、水分を補給します。

お風呂はシャワーですませず、熱めの湯船にしばらく浸かって体を温めましょう。



W020200106362122162773.jpg



冬の料理と言うと、鍋物。🍲

年末年始に、参鶏湯(サンゲタン)を3回食べました。🐓

鶏は、お腹を温め、身体を養ってくれます。

朝鮮人参は、強壮作用があり、気を補います。

丸鶏を買い求め、水でお腹の中をきれいに洗います。

温性のもち米(120cc。洗って10分間水に浸しておく)、補血のなつめ4個、補腎のくこの実5粒、滋養の松の実7粒、熱性のしょうが3切れ、にんにく2片、補腎の甘栗2個を、

丸鶏のお腹に入れて、爪楊枝で皮を上手に閉じます。

両足をタコ糸でしばり、格好を整えます。


20191231_123839863_iOS_convert_20200106220732.jpg



あとは鍋に水を鶏が被るくらいに入れ、浮かんでくるアクを取り除きながら、煮ます。

水が減ったらまた水を足しながら、コトコトと3時間煮る、出来上がり~!

煮る際には、塩とかは入れません。

食べる時に、器に盛ってから、黒コショウ・塩・きざみ長ネギなどを好みで入れて食べます。

これが、たまらなく美味しいんです!


昨年は、大量の翻訳+α、頭脳疲労、絵を描いた、旅・・・挙句の果て、腎盂腎炎に倒れる。

→肉・魚・酒・小麦粉を断ち、菜食のみで2カ月半→デトックス、-16kgの激ヤセ!

あまりに、冥王星□(スクウェア)☉、な1年間でした。

年末は疲労が出て、パンチ食らったボクサーみたく完全にぶっ倒れてました💦

無反応なくらいやられていましたが、参鶏湯で、元気回復!

疲労と冷えでグッタリとしている人、動けないくらいだるい方、風邪ばかり引く人、ぜひぜひおススメです!






フグも温性ですから、さっそく、年明けに、いただきました!🐡

冬の夜長は、てっちり。アツアツのフグのひれ酒なんかいいですね~。

最後に雑炊にして頂くと、消化にも良くて、ポカポカになります。

あと、日本酒の熱燗。🍶 ホットレモン。熱い紅茶。

ホットワインなども、低血圧、寒がり、冷え、16kg痩せた私には、効果大でした。🍷






**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shusei lin

Author:shusei lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で命証合診を通し先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
2016年、日本に帰国後、張玉正先生の専門書等の翻訳をする。
現在は、執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。
著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)など70冊以上。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』、『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』がある。出版発行部数は累計300万部。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ