記事一覧

        

公式サイト

     

宝島社 TJムック『Sweet』3年占い、に記事が掲載されました!

今日は、8月20日、壬申月己丑日。土金が強い日です。

はっと気が付くと、8月8日の「立秋」が過ぎ、季節は秋になっていました。早いものですね!

今年の前半は、旺盛な己(土気)の影響で、昨年の戊戌年の再来を思わせるような、5,6,7月となりました。

出会う人、出会う人、どんなにつらかったかを訴えて、さめざめと涙を流しますので、慰めるしかなく・・・。

「本当に戊戌年は、60年に数回と言うくらい土気が強かったのだな~」と、しみじみと思いました。

しかし、8月に入り、はっきりと、金水の気が強まってきているのを感じます。
昨年から今年の半ばまで苦しんだ皆さん、自分だけでなく、やられてしまった人が多かったので、自分を責めずに、どうか気を取り直してくださいね~!カルマは現れてしまえば、それで雲散霧消するものなのです。



さて、
宝島社さんから刊行のTJムック『Sweet』 3年占い、
に記事が掲載されました!



TD296399_20190806120459.jpg



私の記事は、引っ越し風水 最強の幸せの呼び込み方

引っ越しで方位を見る際に、

私がお勧めしているのは、九星で月盤の五黄と暗建煞を避けること。
これらは、『陽宅集成』という風水の本の中でも、大凶とされています。家の中にいても悪いのですが、こちらの方位へ移動するのもよくありません。

私の経験では、弟子時代に大量の鑑定を手伝っていたわけですが、「引っ越してから運がすごく悪くなった、よくないことがたて続けに起きる!」と言う人の場合、月盤の五黄、暗建殺のラインへ引っ越した人がほとんどでした。

八方位ある中で、そのうちの2つの方位になるから、2/8で、25パーセントの確立で出会うとも言えますが、そうだとしても、多すぎました。

奇門遁甲で、吉方を取るのも良いですが、五黄煞と暗建煞は避けたいものですね。単純な見方なのですが。

ということで、今回の記事は、「趨吉避凶」の引っ越しの方位の簡単な選び方も掲載しています。

5年くらい住むための引っ越しの参考にしてください。


「引っ越しの方位は、風水ではない!」という節もありますが、

立地条件から「優良物件を探そう」
引っ越しできなくても開運できる「インテリア風水開運法」も載ってますからね~♪


宝島社のサイトはこちらから



**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shusei lin

Author:shusei lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
中国命理学研究家。
1990年より台湾や香港の老師に学ぶ。風水学、中国相法、八字、紫微斗数、卜卦など幅広く修得し、1998年に独立。
2008年に株式会社桂香を設立。
2013年より3年間台湾に留学。張玉正先生に師事して風水と紫微斗数を教わる。2016年に日本に帰国。
現在は、執筆・翻訳・鑑定、TV・ラジオ・雑誌・ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『1日5分で運がよくなるおそうじ風水』(三笠書房)、翻訳書『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』など70冊以上。発行部数は累計300万部。中国占術は専門分野からメジャーまで幅広く対応が可能。

林秀靜公式webサイト

カテゴリ