記事一覧

        

公式サイト

     

清明

今日は、4月5日。二十四節気の「清明(せいめい)」です。

二十四節気の第5番目。現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで、4月5日頃。

「清明」とは、空気が澄んで清らかに明るくなる季節という意味です。





本日より、戊辰月が始まりました。

月干支の五行は土の気に変わりましたが、季節は春真っ盛り。

今が最も旺盛な木の気の影響は、4月12日くらいまで続きそうですね。

ですから、あと1週間くらいは、やる気満々になってイラついたり、目がピクピクしたり、ソワソワしがち。

そんな時は、ムキにならないで、甘い物・・・おだんご、草餅、桜餅などを食べて、体をゆるめましょう。

また、お昼寝をしたり、日向ぼっこをして、のんびり、ゴロゴロして、五行の働きのバランスを取るようにしましょう。


yj.jpg


さて、中華圏で、清明節は、とても重要な習俗です。

清明節の前後は休日となります。

この期間に、実家や田舎に帰って、お墓参りをします。

お墓の掃除をして、お供え物をまつり、先祖を供養をして、故郷の友人にも会います。

清明節の歴史は古く、唐時代より、この前後を4日間休日にして、ご先祖のお墓参りをしたといいます。





日本では、主に、お彼岸やお盆の時期、故人を偲んで供養やお墓参りをしますよね。


清明の頃、行事と言えば、日本では桜の花が咲きます。🌸

桜の花の下で、お茶を飲んだり、お酒を飲んだり、ごはんを食べたり・・・。

お花見は国民的行事です。🌸

明日と明後日のお花見、混雑のピークが予想されます。

日差しがポカポカ、草木が一斉に萌え出てきて、本当によい季節~のんびりとしたいものです。🌸




**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shusei lin

Author:shusei lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
中国命理学研究家。
1990年より台湾や香港の老師に学ぶ。風水学、中国相法、八字、紫微斗数、卜卦など幅広く修得し、1998年に独立。
2008年に株式会社桂香を設立。
2013年より3年間台湾に留学。張玉正先生に師事して風水と紫微斗数を教わる。2016年に日本に帰国。
現在は、執筆・翻訳・鑑定、TV・ラジオ・雑誌・ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『1日5分で運がよくなるおそうじ風水』(三笠書房)、翻訳書『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』など70冊以上。発行部数は累計300万部。中国占術は専門分野からメジャーまで幅広く対応が可能。

林秀靜公式webサイト

カテゴリ