記事一覧

冬至

今日は、12月22日、甲子月戊子日。ダブル子水で、昨日の丁亥日に引き続き、水の気が強い日です。

今日は、冬至です。

冬至快樂!圓圓滿滿!祝福平安富貴 吉祥如意!



tanen.jpg


冬至とは、二十四節気の第22番目。北半球では一年のうちで最も昼の時間が短くなります。 現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日頃にあたります。


本日は、一年で最も日中が短い日です。「陰の気」が最も強い日とも言えます。

明日から、段々と「陽の気」が回復してきます。



中華圏では、昔は、この冬至の日に一歳、また年が増えました。

南方の地域では、湯に入れたお団子、湯圓を食べて、円満と長寿を祝います。

北方の地域では、熱々の餃子を食べます。



日本の風習では、冬至は、ゆずの入ったお風呂に入ります。


yuzu-1.jpg


そして、南瓜や小豆の料理をいただきます。

真冬の一番太陽が低い日に、こうして身体を温め、栄養をつけるのは、理に適っていますね。


kabocya.jpg



2008年、戊子の年も、8月から冬至までは、本当に水の気が強かったです。

この年の「冬至の日」に、催眠を習いました。過去世体験をして、4次元的な視点を5次元的に拡げてみました!



10年後の2018年は、戊戌年で土気がとても強かったにもかかわらず、やはり12月は水の気が強くなりました。

今回は冬至の日より2日ほど早かったのですが、瞑想中に、ハイヤーセルフと話し、病気についての教えを受けました。

そして、キリスト生誕の記念に、白く輝くクリスマスツリーをハイヤーセルフから貰いました。


‟現実は内側に作られる”

‟闇を光に変えること”は、瞑想をもって、視点(意識)を次元上昇させることでしか、できないのだと、気づいた日でした。



それにしても、4次元的視点になりますが、
昨日の丁亥日、ゴーンさん再逮捕!で、水の気の恐ろしさを見せつけられました~。


今日は、ぜひぜひ、暖房をゴンゴン入れて、温かいお風呂に入り、ホットワインを飲み、温かくお過ごしくださいね~♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shusei lin

Author:shusei lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
中国命理学研究家。
1990年より台湾や香港の老師に学ぶ。風水学、中国相法、八字、紫微斗数、卜卦など幅広く修得し、1998年に独立。2008年に株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学。張玉正先生に師事して風水と紫微斗数を教わる。2016年に日本に帰国。現在は、執筆・翻訳・鑑定、TV・ラジオ・雑誌・ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『1日5分で運がよくなるおそうじ風水』(三笠書房)、翻訳書『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』など70冊以上。発行部数は累計300万部。中国占術は専門分野からメジャーまで幅広く対応が可能。
林秀靜公式webサイト:www.lin-sunlight-fengshui.com

カテゴリ