記事一覧

        

公式サイト

     

ロケで伊勢志摩まで出かけました

今日は7月26日。

今日は、なんと!

戊戌年己未月己未日。年・月・日の天干地支が全て土気という、珍しい一日です。

朝から、様々なニュースが報道されています。
今年の土用は、猛暑ですし、特別に土気が強いので、何かと驚かされる事件も多いです。


さて、私はというと、快適な夏の土用を過ごしています。

とにかく、沢山眠るようにしたら、日に日に元気になってきました。

締め切りがある本は1冊、しかも12月。
だから、心に余裕が出て、毎日、昼に夜に、ソファーでベッドで、ところかまわず、死んだように眠っています。

歯医者さんでも、治療中に眠ってしまいました。( *´艸`)



20180723_010916835_iOS_convert_20180726092012.jpg



一説によると、眠っている間に、あの世に帰って心身ともにエネルギーをチャージしているらしいとか。💦


たしかに・・・そんな気がします。(*‘∀‘)


『ねむるだけで運気チャージ!』『夢を見て開運!』とか、本書きたいです。( ´艸`)


20180723_015525780_iOS_convert_20180726092455.jpg



7月23日、丙辰日は、二十四節気の「大暑」。

この日は、伊勢志摩に行ってきました。

伊勢の志摩観光ホテルで、テレビ番組の収録があり、その出演のためです。


志摩観光ホテルと言えば、2016年、G7伊勢志摩サミットが行われたことで有名なホテルです。



20180723_015413359_iOS_convert_20180726092121.jpg



三重県志摩市の賢島(かしこじま)にあります。


名古屋で近鉄線に乗り換えて、伊勢市や鳥羽市を通過していきます。


海と緑と豊かな自然の風景に心から癒されました。


約2時間で到着。



20180723_072502717_iOS_convert_20180726092347.jpg



すでに前日からの準備、撮影していたスタッフの方々やタレントさんが、会場でお仕事をしていました。

私は、本番で緊張しすぎて、沢山しゃべってしまいました。

スタッフの皆さん、タレントの皆さん、色々とご配慮いただきましてありがとうございました!


出番が終わり、帰路に就きました。

10年ぶりのテレビの収録でした。

どうか、バカっぷりがすべて露見していませんように。

もう・・・失うものは何もありません。( *´艸`)

オンエアが近づきましたら、またご報告いたしますね~。

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ