記事一覧

        

公式サイト

     

『命証合診』新版の企画が決まりました

今日は、6月14日、丁丑日。

旧暦の五月一日です。

紫微斗数では今日から戊月が始まりました。
梅雨の季節、やや涼しいですね。

この本は、2006年に発刊されたものです。↓

『命証合診』

体質と病気と運命が分かる「命理学」と「漢方治療」の結合


林 秀靜 (著), 袁 世華 (著), 岡田 研吉 (著)


meishougoushin.png



私どもが病気と運命に向き合って、6年間研究しました。

その結果、人の体質、病気、運命には、一体どのような符合性があったのかを書いたものです。


この研究を始めた時、毎日が緊張でした。

「陰陽五行とか、60干支などどいう、古代中国の知恵とはいえども、人間の生死や病気に関わっているのだろうか?」という思いでいっぱいでした。

長年、携わってはきましたが、もしも、現実に何らかの法則性が確認できなければ、廃業しようと思っていました。

ところが、しばらく研究を続けていると、符合性が確認できて、ホッ胸をなでおろししました。

それからは、ひたすらに地道に、データを入力し、症例をまとめ、確認作業を重ねていきました。


ところが、2006年刊行の文庫本『おそうじ風水術』の本が売れたことにより、
出版に忙殺され、学習と研究が全く出来なくなってしまいました。

なので、ひとまず、勉強と研究は横に置き、一般書を出すことにしました。


そして、台湾留学の3年間を挟んで、あれから12年が経過して、今年、『命証合診』の新版の話が決まりました。

なので、新しい症例報告を書かなくてはなりません。

必要な資料はすでにまとめてあるので、あとは先生方に判断を加えてもらいます。

この中古本が、今、高額で売られているようですが、無くなると思って、慌てて買わないでくださいね。

皆さん、なるべく早くお手元に届くように進めますので、どうか今しばらく、お待ちください。(*''▽'')


**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ

【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 『命証合診』新版の企画が決まりました

お問い合わせ、ありがとうございます。
「命証合診」の新しい研究部分の執筆が遅れています。
早く出版したいのですが、他の専門書の執筆もあり、
来年になってしまうかもしれません。林秀靜

期待しています!よろしくです

Re: 命証合診の改訂版

返信がずいぶんと遅くなってしまいました!💦すみません。
新型コロナウィルスの拡がりもあり、感染予防に関する観察も続けています。

この本は、中医学による疾病に関する視点と治療。医師としての治験。
命理学研究から先天体質について。洞察を深められる一書になればと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で命証合診を通し先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
2016年、日本に帰国後、張玉正先生の専門書等の翻訳をする。
現在は、執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)など70冊以上。出版発行部数は300万部。
翻訳書には『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(いずれも太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ