記事一覧

        

公式サイト

     

今年初めての火気注意報!

今日は、3月12日。癸卯日。旧暦は一月二十五日。

「啓蟄」を過ぎて、乙卯月になってから、急速に陽気が高まっています。

先週初め頃から気温が上昇。その影響で、気分も陽気になり、身体も火気に満ちてきています。

明日から、13日甲辰、14日乙巳、15日丙午、16日丁未、と木気・火気の干支が連続しますから、世の中、大変に炎上するかと思われます。

北朝鮮とアメリカは関係改善への歩み寄りをして、戦争がひとまず回避されたので、世界経済はふたたび好況となりそうです。




我々の生活は、外へ出掛けたくなったり、急に人に会いたくなったり、ショッピングや食事を楽しんだりと、活動的になるでしょう。

これは、春の陽気で、心身が目覚めて来たからです。

しかし、気をつけたいのは、外気温が上がった時に、運動したり、踊ったり、沢山歩くと、体熱が急に上がって、

体のあちこちに炎症を起こし、便が硬くなったり、便秘になったりしがちな点です。





それに、気温上昇で、日本では今まさに、杉花粉がたくさん飛んでいます。

花粉症・アレルギー体質の人には、炎症に次ぐ、炎症のとき。

外出時はマスクをしましょう。凍頂烏龍茶を飲むと花粉症が緩和します

それでもだめなら服薬です。市販の薬でも十分効きます。



さて、身体に炎症が起きている人、便秘になっている人は、朝起きたら、トマトジュース、グレープフルーツジュース、青汁などを、まず一杯飲む習慣を持つと楽になりますよ。

それから、食事は、積極的に生野菜、果物を摂りましょう。

水も1日2リットルを目指してできるだけ飲むように。

その反対に、食べてはいけないのは、陽気を上げる肉類、油で揚げた食品、唐辛子や胡椒などの香辛料、アルコール度数の強い酒類(焼酎やウィスキーなど)。

興奮しているなと思ったら、これらを控えて、火の気を鎮静化させます。

特に、四柱推命の先天命式、先天体質に、火気の強い人は、無性に腹が立つ時なので、ケンカやトラブル発生に注意。
舌の先が赤く、イライラする人は、食事の量を減らして、野菜中心食にします。肉食を控えましょう。





便がコロコロしていたり、身体に炎症があり、なかなか改善しない場合は、漢方薬を飲みましょう。漢方クリニックへ行くのが一番です。

もし、自分で飲むなら、

便秘には、麻子仁丸が、比較的作用がやさしく、おすすめです。

また、この季節のカリカリ・イライラには、加味逍遙散。

のぼせ、喉の渇きには、黄連解毒湯。

喉のつまり感には、半夏厚朴湯。

浮腫みには、六味丸がおすすめです。

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ