記事一覧

        

公式サイト

     

2018年の風水調整について

昨日、1月5日は二十四節気の「小寒」でした。癸丑月に入りました。
しかし、今年の冬は寒い。旺盛な水の気の影響を感じますね~!

私めはいったん良くなったはずの風邪がぶり返し、ふたたび喉の痛みがひどくなり、しかも病院は正月でお休み。スーパーの中の薬局へ走り、市販の風邪薬を買いました。ヒ―ッ!呪われてるー!(*´Д`)



温かい食べ物もいただいたりして、昨日も気が付くと、至福の中で15時間も眠っていました。
そんなわけで、今日はふたたび病院へ行き、薬を貰いました。抗生物質があって良かった。



早く良くなるといいな~♪
来週は札幌に行くことだし。(*'▽')

さてさて、ラジオでお話しましたが、リクエストがありましたので、ここに2018年の風水調整について書かせていただきます!

2018年の風水調整!


2018年の吉方は、東南です!東南に向いている家は栄えるでしょう。
東南にあるベランダや窓は良く開けるようにしましょうね!


西北には、「太歳(たいさい)」が巡るので、西北に向いている家は注意が必要です。
今年は、できるだけ今まで通りの生活をするように心掛けます。思い切った投資や行動、変化は避けましょう。そうすれば無難に過ごすことができますよ。


ただし、家の中心から見て西北(360度を八分割:45度内)の部屋を使っている人は、財星が巡りますので吉方位となり、財運のよい一年となります。


凶方は、北です。災厄の星が巡ります。
玄関が北に向いている家であるなら、思わぬトラブル、病気、厄介な人に注意です。
北の方位に、金属製の風鈴を吊るすと、凶を転化してくれるでしょう。
北の方位に背の高めの観葉植物を置くのも効果があります。


このダブル効果で、無難に過ごせたお宅は多いです。



西には、病気の星が巡ります。
西に金属製の丸いものを置くか、六帝古銭を吊るすと、凶意を転化してくれるでしょう。



東北には、ケンカ・口論の星が巡ります。赤い布を貼るか赤いマットを敷いて転化させましょう。


皆さんのおうちもプチ風水調整!

一家そろって幸せに満ちた一年に!(*^▽^*)

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

No title

新年おめでとうございます。
林先生、風水調整を書いていただき、有難うございました。
私は、昨日、万座温泉から帰って来ました。万座亭は、1泊しました。細かい所に気持ちの行き届いた、凄い旅館でした。お風呂も大変良かったです。
気になっていた手と顔のいぼが、前より小さくなり、嬉しいです。もっと滞在すれば、もっと小さくなったのかな?と思いました。
お体の調子はいかがでしょうか?先生の風邪が良くなりますように。
昨年中は大変にお世話になり、本当に有難うございました。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Re: 明けましておめでとうございます!

新年のご挨拶ありがとうございます!v-457
万座温泉はお湯がとても良かったです。
万座亭も日本のきめ細やかなサービスの良い旅館でした。また行きたいと思う温泉でした。
私の年末年始は風邪一色でした。昨年は翻訳本に一般書と、朝から晩まで時間さえあれば休むことなく作業をしていたので、年末になりホッとしてきっと疲れが出たのだと思います。
今年もよい一年になりますように!v-481

質問です

引っ越しをする場合、吉方位の物件がいいとかあるのでしょうか?
今年の夏に南に引っ越しするのですが、九星気学では凶方位だったんですが、風水調整では凶とかかれていないので、どうなのかとおもい質問させてもらいました。
いきなり質問をして申し訳ないのですが、お時間がありましたら回答よろしくお願いします。

Re: 2018年の風水調整について

まず、その年の風水調整における室内の飛星の見方と、引っ越しの方位の見方は異なります。
また、年盤、月盤、日盤の違いもあります。
なので年盤、月盤で無難な方位を選ぶと良いと思います。
詳しくはここには全部書けないですね。^ ^

お返事ありがとうございます。
そうなんですね。
ちなみに九星気学というのは、日本で創作されたものとありましたが、どれほど当たるのでしょうか…気学の方位鑑定の年盤では南が暗剣殺でよくないみたいなので(~_~)
先生が、個人鑑定されているなら、みていただきたいくらいです。^ ^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ