記事一覧

        

公式サイト

     

節分

今日は2月3日、干支暦では、辛丑月辛酉日。

辛がダブルで重なり透干しますから、大変に金気が強い日です。

皆さんはどんなことがありましたでしょうか?

今日は、丙申年の最後の1日でもあります。




私は一年を振り返ってみて、

「11、12月は腸炎に倒れたけれど、仕事もすることができたし、良い一年だったな~」
と思いました。

掃除をして、美しい山並みを眺めて天下泰平。

とても平和な1日でした。





そして、海老と豚肉と野菜の餃子を作りました。ウキウキ!

やっぱり気分が良い時は料理が楽しみ!


今日は「節分」ですね。





節分とは、雑節の一つで、各季節の始まりの日(二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬)の前日を指します。

つまり節分とは「季節を分ける」日。


江戸時代以降は、特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指すようになったそうです。


「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行うのが通例です。

また邪気除けの柊鰯などを飾ります。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われます。
これらは、地方や神社などによって異なるようですね。





ということで、豆まきをして、一年の邪気を祓い、福を招きました~♪





年の数を食べると大変なことになってしまうので、少し撒いて、拾って少し食べました。

皆さんも、一年の邪気祓いをして、スッキリと新しい年を迎えてみませんか?

**********************************************************

林秀靜の公式サイト→林秀靜 Official Web


林秀靜の著作はこちら→著書紹介


林秀靜への鑑定・取材・お仕事のご依頼はこちらからお願いします。→鑑定・お問い合わせ


【鑑定内容について】
・個人鑑定:運命鑑定、及び個人的な相談と改運指導。
(正確な生年月日時、出生地が事前に必要となります)
・法人鑑定:企業・会社に関する相談と改運指導。
・風水鑑定:ビル、自宅、オフィスの鑑定および相談


【鑑定の特徴】
1、林秀靜先生が、自らの手で、あなたの個性の長所と短所の分析をします。
10年の大運の起伏、近年で最も良い年、最も悪い年を教えます。
あなたに充分に運命の脈動を把握させ、人生に機運を創造します。
2、一年の運勢における、財運、投資、恋愛、結婚、就職、転職、創業、共同経営等の相談。
3、新型コロナ対策で、LINEやzoom、Skypeなどのリモートによる相談受け付けます。

※鑑定料金につきましてはお問合せ下さい。

**********************************************************

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

1月中旬から寒いだけでなく、昼夜の寒暖の差がありましたよね。
インフルエンザや胃腸風邪が流行っていますし、裏起毛の下着と電気毛布と暖房で乗り切るしかない感じがします。
明日、2月4日0:34から年も月も変わるので、良くなると思います。温かいものを食べて早めに休んで下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、鮑黎明先生に師事し、八字・紫微斗数・卜卦・風水・相法を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に3年間留学。張玉正先生に師事し、風水と紫微斗数を学ぶ。
帰国後は執筆、専門書の翻訳を手がける。
著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。累計発行部数は300万部。
翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ