記事一覧

        

公式サイト

     

今年もお世話になりました。皆さんありがとうございました✨

今日は12月31日。大晦日。庚子年は、世界中の人々が、同時に同じ体験するという一年になりました。協力し合い、痛みを分かち合い、励まし合い、人類にとって、今年は忘れられない一年になるでしょう。氷川神社に参拝しました。心に大きな衝撃を受けたことから、人の行動は変わります。近年では、2008年の金融危機、2011年の福島の原発事故が私の気持ちを変えました。ショックでした。思いもよらぬことが起きて、考え方が変わり、そ...

続きを読む

女性自身web版で”リモートパワスポ参拝”の記事が掲載されました!

今日は、12月29日戊子月丙午日。私は胃腸炎で絶食のクリスマス。腹痛がこわくて、絶食2日、お粥2日で、4㎏痩せました。今日、いきなり、お昼に、胡椒餅を食べに行って、ちょっと心配です。🌕それにしても、最近、本当に水の気が強いですね。元歌のお兄さんが脳内出血で亡くなったり、現役の参議院議員がコロナで亡くなったりで、ニュースから目が離せません。さて、女性自身のweb版に、記事が掲載されました。写真を見るだけで運気...

続きを読む

今日は冬至です

12月21日、戊戌日。今日は、二十四節気の「冬至」です。冬至は、1年のうちで、もっとも日が短く、太陽の高度が低い日です。「陰」の気が極まる時です。そして、冬至を境に、日はだんだんと長くなり、「陽」の気が強まってきます。一年の始まりの月については、三説あります。中国の周の時代には、冬至を含む月を正月、殷の時代にはそれより1か月遅れた月を正月、夏の時代には、さらに1か月遅れた立春に近い頃を正月としていました...

続きを読む

夕方に西南の空を眺めてみよう

今日は、12月19日、丙申日子月の真っただ中!今月は、子年、子月で、水の気が最も旺盛ですこのところ、世間を見渡すと、12月17日(甲午)と、18日(乙未)は、木気が強かったようですね「水生木」といったところでしょうか水の気が旺盛になれば、木の気を生じるからです私は、12月は、用心して、紅茶を大量に飲み、栄養をとり、身体を温めて・・・☕いたにも関わらず、風邪でダウン(´Д`)おかげさまで、やっと回復してきました冬至...

続きを読む

MAKINO MOOK 『金運・強運を呼ぶ 掃除と片付け』に記事が掲載されました!

本日、12月9日。戊子月丙戌日。久しぶりに火気の強い日。旧暦は十月二十五日。満月です。🌕今年の旧暦十月を象徴する一日となり、今月がいったいどんな運勢の一ヵ月だったか分かります。さて、 『金運・強運を呼ぶ 掃除と片付け』(マキノ出版ムック)に記事が掲載されました!経営者たちも実践!究極の人生好転法「トイレ掃除」金運アップの法則私の記事は、劇的に金運が上がるトイレ掃除の極意です。マキノ出版のサイトはこちらか...

続きを読む

大雪

今日は、12月7日、甲申日。今日は、二十四節気の大雪(たいせつ)です。読んで字の如く、暦の上では、「大雪が盛んに降る」頃、と言われています。日本は、南北に細長い国、零下になっている北海道などに該当します。東京以南は、写真のような大雪は、降ってはいませんが、寒いのには変わりありません。衣類を沢山着て、部屋をポカポカに暖かく、布団の中も温めて過ごしましょう。本日から、庚子年戊子月が始まります。水の気がMax...

続きを読む

月刊誌『サンキュ!』1月号に、記事が掲載されました!

今日は、12月3日(木)、丁亥月庚辰日。師走になりました。2020年も、あと一カ月ですね~!庚子年の景気の後退や生活の変化は、以前から予想していましたが、劇的な一年になりました。来春から、良い運気を迎えられそうです💖月刊誌『サンキュ!』1月号に、記事が掲載されました!やっぱり 捨てたら、運気UPする!捨てた人から 運気が上がる。部屋も気持ちもスッキリしたい年末。おうちにたまったいらない物を捨てれば、実は運気が...

続きを読む

プロフィール

Sofia・Lin

Author:Sofia・Lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。
1990~1998年、台湾の老師から風水・中国相法・八字・紫微斗数・卜卦を学ぶ。
1999~2008年、玉川学園漢方岡田医院で、先天体質と病気について研究する。
2013~2016年、台湾に留学。張玉正先生に師事し風水と紫微斗数を学ぶ。
現在は執筆・TV・ラジオ・雑誌などで活躍。著書は『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『【秘訣】紫微斗数1命盤を読み解く』『【秘訣】紫微斗数2格局と開運法』(太玄社)など70冊以上。出版発行部数は300万部。翻訳書に『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』『【実証】中国歴代帝王・王妃の帝陵風水』(太玄社)がある。
林秀靜公式webサイト

カテゴリ