記事一覧

        

公式サイト

     

東京媽祖廟へ行く

今日は、西暦では1月25日。旧暦では1月1日。春節です。中華圏ではお正月、新年を迎えました!新年あけましておめでとうございます!良き一年でありますように、皆さんのご多幸をお祈り申し上げます!新年快樂!感恩祝福 福福家園 好運無限 吉祥美滿東京の媽祖廟へ行ってきました。場所は、大久保駅の近くです。四階建ての媽祖廟の一階で、7本のお線香をもらい、順番に参拝しました。エレベーターがあって、お年寄りや足の悪い方...

続きを読む

お水と食料を保存する

1月23日、丁未月乙丑日。最近は、めっきり土気が強いようす。丁丑月で火土が強いし、たぶん「冬の土用」の期間に入ったからですね。土気が旺盛になると、疫病が流行ります。「土剋水」で、腎の免疫系統が弱るからです。中国で発生した新型肺炎が気になります。それに、火気と土気が増せば、「湿・熱」が増します。湿熱は感染症の温床です。まだ冬なのに!1~7月に流行の可能性があります。体や部屋を清潔にして、うがいや手洗いの...

続きを読む

公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会様にて「フラワー風水」の講習会が開催されました!!

今日は、1月15日、丁丑月丁巳日。月日の天干に丁が二つ並びますし、日支に巳火もあります。冬季にあって陽気の強い一日。明日も戊午日で火の気を楽しめそうです♪さて、1月13日(月)成人の日。公益社団法人フラワーデザイナー協会様にて「フラワー風水」の講習会が開催されました!内容は、風水と四柱推命。古代中国の思想、風水の歴史から始まり、風水の知識、植物と風水、四柱推命についてと広範囲となりました。とっても美しい...

続きを読む

女性週刊誌『女性自身』1月6日発売号に「開運フード」の記事が掲載されました!

今日は、1月8日。庚戌日。東京は冷えましたね。寒い日が続くので、電気毛布でヌクヌクしています。参鶏湯を作りおきしていたので、鶏のスープでお雑煮をいただきました!鶏ももち米も体を温める食材なので、体調が良くなります。女性週刊誌『女性自身』1月6日発売号に、「開運フード」の記事が掲載されました!2020年は“体を温める食材”で運気アップ!2020年は、庚子年。天干に庚金があり、地支に子水があります。つまり、五行の「...

続きを読む

今日は1月6日。二十四節気の「小寒」。脾胃を温めましょう!

本日、1月6日。二十四節気の「小寒」です。太陽高度は冬至を境に高くなりつつありますが、気温はこれから一層低くなります。外出時は、コート、帽子、マフラー、マスクでしっかりと防寒して、室内では保温・保湿に気をつけたいものです。聞くところによりますと、室温が1度低くなると、二歳老化する!認知症のリスクが高くなるとか…。暖房費を節約するよりも、冬季はエアコンなどの暖房をしっかりと入れて、部屋全体を温かくして過...

続きを読む

でなおし風水 初もうでに行く

2020年1月4日。己亥年丙子月丙午日。今日は丙午日、昨日からの3日間は、火の気が強い日干支が続きます。陽気な日々を楽しみましょう~♪さて、1月1日の0:30頃、神社に向かいましたが、あまりの寒さと、参拝の人の行列を見て、すぐに家に帰ってしまいました。そして1月3日は、“でなおし風水”!神社に初参拝をしてきました。空は晴れて、青空が広がっています。外は温かいし、人の列もありません。小さなお社も、すべて参拝しました。...

続きを読む

新年明けましておめでとうございます!

2020年1月1日。元旦。新年明けましておめでとうございます。旧年中は皆さまには色々とお世話になりました。ありがとうございました!本年もどうぞよろしくお願いします。氏神様に行きました。午前0:00に神社に行くと、すでに長蛇の列。冷たい風が吹きすさび、身を刺す寒さです。それでも、参拝に来た人々は皆さん笑顔!こんなに寒くて待たされているのに、みな幸せそう!1年の幸を祈る心には灯火がともります。氏神様は分社で、三...

続きを読む

プロフィール

shusei lin

Author:shusei lin
林 秀靜(りん しゅうせい)
中国命理学研究家。
1990年より台湾や香港の老師に学ぶ。風水学、中国相法、八字、紫微斗数、卜卦など幅広く修得し、1998年に独立。
2008年に株式会社桂香を設立。
2013年より3年間台湾に留学。張玉正先生に師事して風水と紫微斗数を教わる。2016年に日本に帰国。
現在は、執筆・翻訳・鑑定、TV・ラジオ・雑誌・ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』(PHP研究所)、『1日5分で運がよくなるおそうじ風水』(三笠書房)、翻訳書『実証!風水開祖・楊救貧の帝王風水』など70冊以上。発行部数は累計300万部。中国占術は専門分野からメジャーまで幅広く対応が可能。

林秀靜公式webサイト

カテゴリ